開催内容

大船to大船渡 開催主旨

開催趣旨

2011.3.11 私たちは、「東日本大震災」という未曾有の災害を目の当たりにし、「大船」という同じ地名を持つ縁から、大船渡市への岩手県復興支援イベント「大船to大船渡」を同年7月16日(来場者数:約20,000名)に開催しました。また第2回を2012年9月30日(来場者数:約35,000名)、第3回を2013年9月29日(来場者数:約45,000名)、第4回より岩手県復興支援産業祭りとして2014年9月28日(来場者数:約46,000名)、2015年9月25日(来場者数:約47,000名)に開催しました。

震災から6年以上の月日が流れた今、復興計画は進みつつもまだまだ復興とは程遠い状況にあります。私たちは過去5回の開催から様々な形で培った絆を大切にし、同じ日本に暮らす同士と継続的な交流を続けながら、一時の支援にとどまらず、共に互いの地域活性をも目指してまいります。

10年継続と決めたこのイベント・活動はまだスタートラインだと考えております。意識を薄れさせずに互いの力になっていくよう、是非ともご賛同・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

※来場者数は、いずれも実行委員会からの推計発表値になります。

大船渡市とのパートナーシティ提携

鎌倉市では、新たな都市提携の手法として「鎌倉市パートナーシティ制度」を運用していますが、2014年12月22日に、岩手県大船渡市と新たにパートナーシティ提携を行いました。

申請団体名
大船to大船渡実行委員会(代表者:石井 秀卓)
活動内容
復興支援イベント(大船to大船渡)の開催による被災地支援、地域活性化
交流相手団体
一般社団法人大船渡市観光物産協会